離婚や結婚のトラブル

結婚や離婚にまつわるトラブルは、しばしば法律事務所に持ち込まれる悩みごとです。どのようなトラブルが多いのかを見てみましょう。

まずは、パートナーの浮気やDVなどが原因で離婚に発展する場合です。加害者側であるパートナーが拒否する可能性もあるため、話し合いや離婚調停を通じて離婚を成立させる可能性があります。しかし、被害者が単独で立ち向かうのは難しいので、法律事務所の存在が必要です。単に離婚の成立だけでなく、慰謝料や養育費を請求したい方が利用するケースも多いと言います。

一方、結婚に関連するトラブルも少なくありません。たとえば、既婚者に騙されて婚約させられたり、脅迫によって婚約させられたりと、さまざまな事例が見受けられます。こういったトラブルを個人間で解決するのは難しいので、話し合いや示談などを通じ、双方が和解するように弁護士が働きかけます。このような事例が多いため、離婚だけでなく、結婚についても法律事務所に持ち込まれる機会が多いのです。

お互いに考え方が違う人間同士のやりとりなので、結婚や離婚問題が円満に進むとは限りません。大きなトラブルに巻き込まれてしまう前に、法律事務所へ相談するとよいでしょう。